車買取の業者に利益が発生する仕組み

車買取の業者に利益が発生する仕組み

車の利益

車買取の業者は、当然車を買い取っています。ところで業者が車を買い取っているのは、理由があります。業者としては利益が発生するので、車を買い取っているのです。どのようにして利益が発生するかというと、他の方に売却をしているからです。

 

例えばある顧客から車を買い取ったとしましょう。その時の買い取り価格は、20万円だったとしましょう。そしてその車を、業者としてはより高く売却する訳です。20万円で買った車を30万円で売却すれば、もちろんその分の差し引きの利益が生じる事になります。ですので車買取の業者は、顧客から車を買い取るべく色々頑張っている訳ですね。買い取れば、会社の売上になるからです。

 

ただ実際には、買い取ったままの状態で売却をするケースは稀です。車の整備を行った後で売却をするケースなどが比較的多いですね。整備業者で3万円で整備を行ったとしても、差し引き7万円の利益になるでしょう。

 

ただ車の業者が他のところに30万円で売却するにも、色々な方法があります。例えば、ネットオークションに流しているケースはよくあります。そうかと思えば、独自の売却ルートのパイプを持っている業者もあるそうです。あまり表には出ていないものの、独自ルートで比較的高く売却できるケースも案外多いそうなのです。
【ラパン買取査定】失敗しない売却術、教えます

 

ちなみに東南アジア諸国などに中古車を売却しているケースも、案外と多いそうです。東南アジアの場合は、事故車でも売却できるケースがよくあるそうです。ですので一見すると売れないように見える車であっても、東南アジアに売却して利益が発生するケースもあるのです。

 

このように「他の所に売却をする」というシステムによって、車買取というビジネスが成り立っている訳ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ