自動車の走行距離は査定にどんな影響が?

自動車の走行距離は査定にどんな影響が?

走行距離数

自動車の価値は、その自動車の状況によって変わって来るというのが基本中の基本なのです。では、その状態というのはどういった状態なのでしょうか。

 

具体的に言えば、1つのポイントとして、走行距離というのがあるんです。自動車の平均走行距離はどれぐらいなのかあと言うと、普通車の場合ですと、大体、一万キロと言われています。

 

そして、軽自動車では、八千キロぐらいと言われているのです。年式と総走行距離から割り出せる物があります。

 

それが、年間走行距離なのですけれども、もし、この平均の年間走行距離を大きく超えてしまっている場合ですと、どうしても、査定金額が安くなってしまう傾向にあるのです。

 

しかし、逆に下回っている場合がありますよね。自動車は持っているけれども、あまり、乗っていないという方もおられるのではないでしょうか。その場合ですと、査定額がプラスに行く事もあります。走行距離というのは、自動車の価値を決める時のポイントになっているのです。

 

ただ、エンジンなどの事を考えるともう少し考え方が複雑になってしまうのです。
駆動部分があるのですけれども、ある程度、動かさないといけないのです。そうしなければ調子が悪くなってしまう事もあるので、気を付けなければならないでしょう。
クラウンアスリート 買取

 

その為に、年間の走行距離が少ない自動車は、無条件で、プラス査定になるとも言えないのです。この部分をしっかりと考えて、バランスの良いノリ方をしなければならないのは当然だと思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ