愛車を高く売るクラブ

愛車を高く売るクラブ

直販系とオークション系

車の買取業者なのですけれども、直販系と呼ばれる物とオークション系と呼ばれる物がありますよね。直販系の買取業者さんの場合ですと、買取をした自動車は、自分の会社の販売店で販売される事になります。買取から販売までの間に、中間マージン等は生まれませんよね。だから直販系の場合ですと、買取査定額に上乗せが出来るという可能性がありますので、これは大きなメリットかもしれません。ただし、人気の無い自動車がありますよね。その場合、在庫として余ってしまう可能性があります。

 

在庫の場合でも経費はかかってしまう事は忘れてはならないのではないでしょうか。この直販系の業者さんの場合、その、在庫のリスクについても見込んで買取査定額に反映する場合もありますので、そこは気を付けなければならないと思います。

 

もう一つはオークション系ですよね。この買取業者さんは、買い取った自動車を業者しか参加する事が出来無いオークションで競売にかけます。あるいは自分の会社の中に販売ルートを持っている場合ですと、自分の会社で販売する事もあります。ただ、一定期間が過ぎれば、オークションに出される事になるでしょう。こういった流れですので、在庫が膨らむという事は考慮していないのです。

 

ただ、オークション系の場合ですと、中間マージンが発生してしまいます。オークションの落札額がアップしないケースの場合を考えられると、買取査定額がそこまでアップしない可能性もあるのです。つまり、それぞれに、良い部分もあれば、悪い部分もあるというのが実情なのではないでしょうか。その中で、直販系にするのかオークション系にするのかを判断しなければならないと思います。

ネクステアという業者では、ネットオークションでの車売却の代行を受け付けています。
その競売システムでの売却を自力で行うとなると、色々と手間がかかりますね。商品説明文を色々工夫しなければなりませんし、購入検討者とのトラブルなどもちょっと心配かと思います。しかしその業者であれば代行をしてくれますので、手間を省きたい方にとってはメリットが大きいかと思います。

 

ネクステアによる代行で必要な出品と成約の為の料金

 

ところでその業者に代行をお願いする際には、料金はかかります。全部で3種類の料金がありますが、まず出品の代行手数料ですね。上記のような説明文などを作成するための料金がかかる訳です。
もう1つは成約時の料金ですね。ネットオークションで無事に落札された時には、料金を支払う必要があります。いわゆる成功報酬という訳ですね。
ちなみに上記の2つの料金は、どちらも6,000円だそうです。
そして1つ気をつけるべきなのが、希望額ですね。売却希望者はネクステアに対して、最低希望額を伝える事になります。しかしネットオークションでの落札金額がその額に届かなかった場合、残念ながら流れてしまう事になります。その場合はもう一度出品する事も可能ではありますが、もう一度6,000円を支払うことになりますので注意が必要です。

 

ネクステアと仲介の手数料

 

またネクステアの場合は、車の売り手と落札希望者との間に入って色々な仲介などを行ってくれます。ただしそのためにもやはり料金が発生し、落札額の5%分となるのだそうです。
ですので車が100万円で落札された場合は、ネクステアに対して5万円を支払うことになります。ただしそれには最低金額も設定されていて、現時点では3万円ですね。ですので20万円で落札された時にも、ネクステアに対しては3万円の支払いが必要になります。
以上がネクステアを通じてネットオークションで車を売却する時の主な手数料です。上記の数字は全て現時点でのものですが、今後の状況次第では変化する可能性もありますね。

続きを読む≫ 2015/01/20 22:50:20

スマートフォンというツールは、本当に機能が充実していると思います。初めてスマートフォンを使った時の感動は、今なお記憶に新しいですね。パソコンに匹敵する事の機能を持っているあのモバイル媒体は、色々な事ができるからです。

 

そして車買取の業者も、そのツールを積極的に用いています。出張に来てくれた車の査定士が、スマートフォンを操作している事も非常に多いですね。

 

ところでそのスマートフォンを用いたツールの1つに、IESがあります。IESの機能は非常に充実していて、必要情報を入力するだけで査定のための重要情報を得る事ができるのです。それを活用すれば、ある程度車の金額は分かってしまうでしょう。

 

ところで、そのIESというツールを用いれば一般個人の方でも車の金額を知る事はできるのでしょうか。
知る事はできると思います。ただ費用の問題がありますね。
そのツールは、最初の1ヶ月のみは無料になるのだそうです。しかし2ヶ月目以降は、費用がかかる事になります。

 

であれば最初の1ヶ月でそのツールを用いて車の査定額を知る事ができるかというと、個人の場合はそれは少々困難だと思いますね。というのもあのツールは、そもそも査定に関する基礎知識が必要になるのです。全く車の知識が無い方の場合は、ちょっとあのツールを使いこなすのは難しいと思います。

 

それと、恐らく申し込みの段階で弾かれます。IESというツールを用いる為にはそれを提供している業者に対する申し込みが必要になるのですが、その際に会社名を入力しなければなりません。個人名ではありませんね。そのツールは法人専用に提供されているものになりますので、恐らく申し込みをお断りされてしまうでしょう。
エスティマ 下取り

 

ですので一般個人の方が、IESというツールを用いるのは困難です。しかし、いずれはIESに似た個人向けのツールも提供されるようになると思います。何せ技術の進歩は、目覚しいものがありますね。個人向けのツールもいずれ提供されて、さらに人々の車の売却がやりやすくなるように思えてなりません。

続きを読む≫ 2014/12/31 16:34:31

車買取の業者は、当然車を買い取っています。ところで業者が車を買い取っているのは、理由があります。業者としては利益が発生するので、車を買い取っているのです。どのようにして利益が発生するかというと、他の方に売却をしているからです。

 

例えばある顧客から車を買い取ったとしましょう。その時の買い取り価格は、20万円だったとしましょう。そしてその車を、業者としてはより高く売却する訳です。20万円で買った車を30万円で売却すれば、もちろんその分の差し引きの利益が生じる事になります。ですので車買取の業者は、顧客から車を買い取るべく色々頑張っている訳ですね。買い取れば、会社の売上になるからです。

 

ただ実際には、買い取ったままの状態で売却をするケースは稀です。車の整備を行った後で売却をするケースなどが比較的多いですね。整備業者で3万円で整備を行ったとしても、差し引き7万円の利益になるでしょう。

 

ただ車の業者が他のところに30万円で売却するにも、色々な方法があります。例えば、ネットオークションに流しているケースはよくあります。そうかと思えば、独自の売却ルートのパイプを持っている業者もあるそうです。あまり表には出ていないものの、独自ルートで比較的高く売却できるケースも案外多いそうなのです。
【ラパン買取査定】失敗しない売却術、教えます

 

ちなみに東南アジア諸国などに中古車を売却しているケースも、案外と多いそうです。東南アジアの場合は、事故車でも売却できるケースがよくあるそうです。ですので一見すると売れないように見える車であっても、東南アジアに売却して利益が発生するケースもあるのです。

 

このように「他の所に売却をする」というシステムによって、車買取というビジネスが成り立っている訳ですね。

続きを読む≫ 2014/08/20 22:28:20

事故歴のある自動車だったり、あるいは走る事が出来無い故障車を売りたいと思っても、そんな自動車は買取業者は見向きもしないだろうと思う方もおられるかもしれません。しかし、そうでは無いのです。事故歴があっても、故障車でも買いとってくれる所も多いのです。

 

事故車や故障車だとしても、全く価値が無いという事はありません。何故かと言うと、パーツ等に価値があるからです。自動車という、乗り物としての評価はされないかもしれません。しかしパーツならば、十分に値段が付くのです。

 

他にも事故車が非常に人気の有る自動車だったり、あるいは、希少価値のある自動車でしたら買取をして貰える可能性も高くなるのです。中には車検が切れてしまっている自動車もあるかもしれません。そういった自動車も、査定額は確かに下がるのですけれども、買取をして貰う事が出来るのです。

 

ただ、業者さんによっては買取をしてくれない所もありますので注意をしましょう。ただし、大手の場合ですと、値段をつけてくれる所も多いのです。事故車や、不動車、故障車でも買取をして貰う事が出来るのかどうか、査定をして貰う前に、問い合わせをしておいた方が良いかもしれません。

 

中古車業者さんの査定なのですけれども、殆どの場合、無料で行ってくれます。全く価値が無いと思ったものでも、査定をして貰ったら、なかなか良い値段で売却をする事が出来たというケースはけして珍しくはないのです。
レガシィ 下取り

 

故障車でも、事故車でも、大丈夫な所は増えて来ていますし、専門に買取をしてくれる所も現れていますので、諦める必要は全く無いのです。

 

続きを読む≫ 2014/08/06 22:04:06

自動車の価値は、その自動車の状況によって変わって来るというのが基本中の基本なのです。では、その状態というのはどういった状態なのでしょうか。

 

具体的に言えば、1つのポイントとして、走行距離というのがあるんです。自動車の平均走行距離はどれぐらいなのかあと言うと、普通車の場合ですと、大体、一万キロと言われています。

 

そして、軽自動車では、八千キロぐらいと言われているのです。年式と総走行距離から割り出せる物があります。

 

それが、年間走行距離なのですけれども、もし、この平均の年間走行距離を大きく超えてしまっている場合ですと、どうしても、査定金額が安くなってしまう傾向にあるのです。

 

しかし、逆に下回っている場合がありますよね。自動車は持っているけれども、あまり、乗っていないという方もおられるのではないでしょうか。その場合ですと、査定額がプラスに行く事もあります。走行距離というのは、自動車の価値を決める時のポイントになっているのです。

 

ただ、エンジンなどの事を考えるともう少し考え方が複雑になってしまうのです。
駆動部分があるのですけれども、ある程度、動かさないといけないのです。そうしなければ調子が悪くなってしまう事もあるので、気を付けなければならないでしょう。
クラウンアスリート 買取

 

その為に、年間の走行距離が少ない自動車は、無条件で、プラス査定になるとも言えないのです。この部分をしっかりと考えて、バランスの良いノリ方をしなければならないのは当然だと思います。

 

続きを読む≫ 2014/08/06 16:44:06

ホーム RSS購読 サイトマップ